健康診断(ペット・ドッグ)|中野区鷺宮のさぎのみや動物病院は飼い主さんにとってわかりやすく、なんでも聞ける雰囲気での診療を心がけております

さぎのみや動物病院

  • 土日も診療 平日は19時まで
  • お電話でのお問い合わせは
    0358489753

    [月・火・水・金・土・日]
    9:00~12:00/15:00~19:00

  • 各種クレジットカード
    使用可能

    image
  • メールはこちらから

健康診断(ペット・ドッグ)

image

1年に1度は健康診断をおすすめします

ワンちゃんネコちゃんは、人の年齢に換算すると1歳半で成人し、その後1年でおおよそ4歳ずつ年をとる事になります。
なので、私たち人と同等以上に健康診断によって慢性的な病気を早期に検出してあげることが重要と考えております。
当院では、より多くの患者さまに健康診断を受けていただきたく、通常より大幅に価格を抑えた検査セットのご提案をさせていただいております。

すべての病気を検出するのは困難ですが、体調に何かしらの不安を感じていたり、犬種・猫種によってかかりやすい疾患が気になっていたり、既に持病がある子の定期チェックなどでご利用下さい。
例えば、心臓病や腎臓病のように早期発見が肝心ながら初期には症状が出にくく、見過ごしがちな疾患の検出に役立てていただきたいと思っております。

健康診断(ペットドック)受診の目安

image

1歳まで

推奨コース:AまたはBセット

生まれつきの異常の検出には役立つかもしれませんが、特に気になる症状がなければ焦って受けていただく必要も無いかもしれません。
ただし、若くて健康な頃の血液検査などのデータは、年をとってから万が一病気にかかった時に必ず役に立つ物ですので、1度診ておかれるのはとても良いことだと思います。
(避妊・去勢手術をされる場合、術前検査で血液検査は行いますので、追加で便検査やレントゲンを組み合わせて検査するのも良いかもしれません)

1歳から5、6歳まで

推奨コース:Bセット(気になる以上があれば、追加で超音波検査などを検討)

年に1度は診てあげると良いと思います。
犬ちゃんは春にはフィラリアの検査で採血がありますので、そのついでに血液検査でも良いかもしれません。
人間で生活習慣病という概念がありますが、犬猫も肥満や歯周病などによって助長される疾患も問題になってきております。この年齢くらいで生活を見直すお役にも立ちたいと思っております。

6歳以上

推奨コース:Bセットまたは超音波のセット

中高齢になると、様々な慢性疾患や腫瘍疾患が顕在化してくる可能性がより高まります。
内臓の慢性疾患は初期であれば症状として気づきにくいものが多いですし、発症する前に検出し、介入してあげることで大幅に予後が良くなるものもあります。
また、日本におけるある統計では犬の腫瘍疾患の発症率は7歳で10%程度、10歳では17.5%(6頭に1頭!)もあったそうです。
猫さんも同様な傾向があります。したがって、中高齢では特にペットドックは重要で、年に2回行っていただいても村はないと考えております。

ペットドック(犬・猫の健康診断)の流れ

STEP01

問診と視診、触診

image

まずは問診からスタートします。
ワンちゃん、ネコちゃんの普段の生活の様子や食事、トイレの回数などお伺いします。
その後、頭から尻尾まで体全体の触診を行い、口腔内や歯の健康状態もチェックします。


arrow
STEP02

血液検査

image

血液検査では、血液中の赤血球や白血球や血小板の数を測定し、貧血や炎症、血液疾患などの異常が無いかを調べるとともに、血液中の生化学物質の数値を検査することで、腎臓病・肝臓病・糖尿病・内分泌疾患などの病気に罹っていないかを調べます。


arrow
STEP03

レントゲン検査

image

レントゲン検査では、胸部や腹部の内臓、関節や骨をレントゲン検査で映し出すことで外からはわかりにくい病気を調べます。
心臓肥大など触診だけでは分からない病気を調べることが出来ます。


arrow
STEP04

超音波検査(エコー検査)

image

超音波検査では、レントゲン検査では判断の難しい臓器の動きがわかります。
腹部エコー検査では、専用のベッドでお腹を上にして、主要な臓器全般の内部や動きを調べます。臓器の内部に出来たしこりなどの存在も調べられます。
胸部エコー検査では、横向きになってもらい、心臓の構造や弁膜の動き、血流の測定を行います。
大村院長と三島先生は共に循環器の知識と経験が豊富なドクターです。


arrow
STEP05

検査結果の説明

image

これまでの検査の結果と、その総合評価、異常があった時の対処方法が書かれた冊子を見ながら診断結果をご説明致します。
結果によっては、検診の頻度を増やしたほうが良いこともあります。今後は異常の見つかった部位、リスクの高い部位だけをピックアップして検診を行うなど、これからの流れをご相談いたします。

料金と検査内容

※下記料金は税別表記です。

検査コース 通常検査価格 ペットドック価格

健康診断A

一般身体検査、便検査、尿検査、血球検査、血液化学検査12項目

12,000円 8,000円

健康診断B

健康診断A+胸部レントゲン、腹部レントゲン

18,400円 12,000円

健康診断+超音波A

健康診断B+腹部超音波検査

22,400円 15,000円

健康診断+超音波B

健康診断B+腹部超音波検査+心臓超音波検査

27,400円 18,000円

コース別検査内容比較表

検査内容 健康診断A 健康診断B 健康診断+超音波A 健康診断+超音波B
一般身体検査
便検査
尿検査
血球検査
血液化学検査12項目
胸部レントゲン
腹部レントゲン
腹部超音波検査
心臓超音波検査

健康診断(ペットドック)診断結果報告書見本

クリックすると拡大できます。

  • image
  • image
  • image
  • image
  • image
  • image
  • image

その他・注意事項

  • ペットドックは予約制とさせていただきます。ご来院時またはお電話でご希望の日程をお伝え下さい。
  • Aセット以外は基本的にお預かりの検査となります。
  • 午前10時までにご来院下さい。
  • 検査値に影響が出る恐れがありますので、当日の朝食はお控え下さい。
  • 当院の患者さまだけのご提供となりますので、初診の方は別途初診料(カルテ登録料含む1,000円(税別))がかかります。
  • 検査結果のご報告は、特別な理由がない限り1週間程度お時間を頂き、報告書を作成してまとめてご説明いたします。検査終了ごお返しするときにその日程を決めましょう。
  • ご不明な点はお問い合わせ下さい。

ページトップへ戻る